へら竿でスレッスレっにスレた鯉の丞を狙いに

2015年10月29日
0
鯉釣り

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

 


「昨年夏頃までよく行っていた河川のあの部分は最近どうだろうか…」

その河川へは先月も行きましたが、浅場はカラッからで鯉はいるもののかからないし、ターゲットまでは届かないので、この河川はもう眼中に入っていません。春になって増水後にでも行けばいいやと思っていました。


スポンサーリンク


しかし、その河川にも深場はあります。
深場はありますが、ヘラ師すらほとんどいない状態ですし、見渡してもハネや捩りもなく生命反応ゼロ。そのため、そこでは竿を出すのはやめていました。

生命反応ゼロですが、それはあくまでも見かけだけ。
「竿を出してみなければわからない」が私のモットーですから(いつからだw)、朝練も兼ねて出してきましたよ

深場は2m近くある場所もありました。
浅いところは60cmくらいでしたでしょうか。浅場の護岸されているところでは、あれだけモロコがいたのに、こちらは雑魚すらゼロ。モエビすらいません。

昨年ここではパンプカでたくさん釣らせて頂きましたが、鯉の姿もありません。いたとしてもすれてすれてスレまくりでしょう。糸を水面に付けずにパンプカでやっても見ぬいてくるほどのスレ鯉達です。水草の上に乗せてパンを食わせる手法で一匹釣れるか釣れないかという状況です。

スレまくった鯉たちには「水草乗せ釣法※勝手に作った」がお勧めです!

普通の浮きをつけての底釣りでは絶対と言って良いほどハリにかかりません。
完全に見抜いています。

生命反応がなく、いたとしてもスレ鯉。ドS河川へと変貌したポイントに、ドMのイヨッシーが挑むっ!


スポンサードリンク

パンプカなどでは攻めません。
もちろん浮き釣りです。と言っても、いつもの6号以上のラインでは食いついて来ないでしょう。そこで一気にラインの太さを抑えました。


へら竿影法師中古で100円
道糸2号
ハリス2号
鯉鈎10号
棒ウキ
板オモリ

エサ:パン

浮いたパンに反応するはずなので、パンを少し撒いて、水面でも良いのでとりあえず鯉を召喚。
が、来ません。やっぱり気温が低いから底の方にいるのか。駆け上がりの部分で竿を出したので、浅いところでは水深60cm程度です。

仕掛けをそこへ垂らすと、浅いためエサが丸見えです。上から見下ろす形になるので、いつもの浅場とは違って喰いがはっきりと見えます。地の利は占めたぜっ!

今度はパンをチネッて沈ませます。
チネッても拡散しないので、今度はパンの耳を手の中でぐちゃぐちゃにしてすりつぶし、固く握って投入。すると一気に白煙を出して拡散。底にも餌が残ります。


すると…鯉がやってきた!

1,2,3,4・・・!
4匹以上!しかもそのうちの2匹は間違いなく60cmオーバー!スレ鯉で、引きも弱く、パンプカで釣った時はかけてもろくな抵抗もせずにダラダラと上がってきたので、おそらく去年の連中でしょう。


数釣り記録更新!3時間の釣果としては抜群でしょう!スレ鯉との闘いw

弾力のある柔らかいへら竿、細いラインの絶妙なタックルバランスでとりこにしてやります。

パンに興味を示しつついてきますが、全然乗りません。
突いては驚いて逃げを繰り返し。4匹とも相当スレています^^;随分ヘラ師に釣られたのか、随分パワーアップしているようですw水面のパンにもあまり興味は示さないし。


カッツケのようにして宙に浮かせましたが、これでも喰いません。ラインに吊られているのが丸見えなのでなおさらですよね(T_T)

このままでは無理だ…。
でも、沈んだ撒き餌をバホバホ喰ってはいるし、何度も回遊に来ているので食い気は十分。こうなったらこの撒き餌の中に本命のパンを紛れ込ませて勢いで吸い込ませるしかありません。

まずは餌を沢山食べさせてテンションを上げてやること。

パンを両手でこすりあわせてぼそぼそにしてから団子にして投入を3回繰り返し、溜まった撒き餌の上に本命のパンを垂らす。

鯉が寄ってきた!
しかし、それでも本命だけは避けやがります。


無ウウウ・・・。


このまま終わってたまるかっ!
同じことを繰り返し…大きな鯉がやって来ました。

「今回は喰ってくれるはずだ」

根拠の無い自信。予感。

バホバホ…。
喰っています。

浮きが僅かに動いたっ!


合わせっ!!

かかった!!!


びゅおおおおおっ!

全速力!!!!


速いよっ!


駆け上がりになっているので、浅場のすぐ下は2m近い水深です。
真下に下ってくれれば竿の弾力で…とめられるはずっ!

沖へ一直線っ!
昨年釣ったやる気の無い鯉だと思ったのが甘かったっ!

耐えっ・・・・・!


バツンっ!


ラインブレイク…。
しかも、かけた瞬間に浮きが破裂したしw一体なんなのよっ!

 

60cmオーバーの鯉の丞ではなかったのか…。
あの瞬発的な走りは半端無かったです。鯉の中でも絶対にサイヤ人っぽいやつですよ。

やっぱり硬調光流DXに6号以上のラインで、どすこい勝負じゃないとダメなのか…。
今度はリベンジですっ!

鯉を釣るならこちらっ!⇒鯉釣りマニュアル!?

  1. 安のべ竿光流DXで爆釣せよ!
  2. 初心者は釣りを安く始めよ!
  3. ごっついグラスのべ竿で鯉との格闘を楽しめ!
スポンサーサイト



イヨッシー
Posted by イヨッシー
平成26年から鯉釣りを始めました。パン粉小麦粉を中心とした激安餌、中古激安仕掛けでの鯉釣り。最近はこぼり製の餌に夢中!マルキュー越えを目指す!

Comments 0

There are no comments yet.