のべ竿で鯉がダブルヒット!

イヨッシー

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます


はたきがポツポツ見られている今日このごろ。
魚も水鳥もしっかりと発情して追いかけっこばかりしております。

欲張るのは良くないと思いつつも…どうしても二本差ししてしまう。

小林重工製の「二代目剛」シリーズの450と270を出してしまいました。両方ともうき釣りです。今回は270を捨て竿にし、メインは450にいたしました。

見つめるのは450の浮き。
時々270の浮きに目を配る程度でした。

270の方の浮きがモヤッとしている…。

キタッ!

二代目剛が絞られる!うん、春の引きです。
20秒以内に仕留めましたけど、良い走りでした。

daburug (1)

これでしばらく270には来ないだろう。
そう思って450をひたすら凝視。二本以上出す場合は、サブ竿は全部捨て竿と割り切った方が釣果が良いと思います。

450の浮きに反応あり!

合わせっ!

乗った!
これまた良い引きです。

このままやり取りを続けると、270の糸に絡まりそうなので、竿を持ち上げた瞬間。

キュン!

270にも来ていた!!!
完全に両手が塞がっている!
どうするか…。まずはリーチの短い270の方をどうにかしなければならない。幸い…と言って良いのか、獲物のサイズは両方とも50cmちょい。これで60cmオーバーとかだったら、竿をのされたかもしれません。

450を脇に挟んで、270の鯉をネットイン!
これで片腕が自由になったので、右手に450、左手にたも網を持ってやり取り。

ネットイン!

よっしゃぁ!

これもんです^^;

daburug (2)
一ぴきずつ見てみましょう。

daburug (3)

daburug (4)

ふ~…よかった。本当に良かった。

もっと釣りたい。もっと…もっと…

光流DX450
スポンサーサイト



イヨッシー
Admin: イヨッシー
平成26年から鯉釣りを始めました。パン粉小麦粉を中心とした激安餌、中古激安仕掛けでの鯉釣り。最近はこぼり製の餌に夢中!マルキュー越えを目指す!