寒鯉をどうにか釣る!

イヨッシー

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

寒いけれども、鯉を釣りたい。
以前爆釣したポイントも枯れ始めていると思うけど、ここは流れもそこそこあり、水深も2mある。

セオリーでは冬は深場にいる…らしいので、こういうときだけセオリー通りに行ってみたいと思う。いつもはセオリーなんて念頭にないのに^^;魚がいそうなところを当てずっぽうで回って、足で探すど素人スタイルです。

「水深もある。水も動いている。ふむふむ…」

と、知ったかぶり全開で釣り開始。


浮雲540を270にして釣り。

開始1時間程経過して、ようやくあたりがあった!

走る!

冬なのにここまで!

竿がのされるほどの強さ。そして、結構重い。
体格は割りとでっぷり型。

60cm弱はある。


ようやく御用!

sazab (2)


油が乗っていそうな鯉。


続行。時間さえかければもうちょっと釣れるのでは?

警戒されているのか、あたりが非常に微妙。
ただでさえ、ウキが流され気味で見にくい。

ぬっ…。

沈んだっ!


乗ったぁ!

これも…重い。1分近くは格闘したはず。冬の鯉にしてはかなり粘ったほうです。
sazab (1)


お腹が大きい50cm後半と思われる鯉。

これにて納竿!
スポンサーサイト



イヨッシー
Admin: イヨッシー
平成26年から鯉釣りを始めました。パン粉小麦粉を中心とした激安餌、中古激安仕掛けでの鯉釣り。最近はこぼり製の餌に夢中!マルキュー越えを目指す!