記事一覧

小林重工さんが普通の釣り番組っぽいのに出演していた!

 

日曜日も出動してきました。
夏場にぼちぼち釣れていた鉄板ポイントで竿を出してみましたが、完全なる沈黙。
一体鯉たちはどこへ行ってしまったのでしょうか???

ちょっと今年はキツすぎますねえ。鯉がいないんですよ。ちょっと春まで待つしか無いのか?いやいや…足を使ってフィールドを這いずり回ってから、ほざかせていただきます。

さあ、貧果はさておき。

延べ竿での鯉釣り伝道師、小林重工氏(てんてい)がオーバーばり公式チャンネルの「夢釣行」に出演されていました!

すでにご存知の方もいらっしゃるでしょう。でも、私は昨日気づきましたよ^^;

https://www.youtube.com/watch?v=PXIkUbvmroU
場所は埼玉県飯能市の宮沢湖。
かつらを被っていない所以外はてんていスタイルです。エサはコバキューEX系でしょうね。仕掛けを紹介していましたが、とにかくぶっとい!

小林さんの仕掛けを見ていて、鈎がものすごく大きいなあと思っていたら石鯛鈎だったんですね。伊勢尼っぽいけど、あんなに軸は太くはないし…と不思議に思っていました。

石鯛鈎だったら、タックルベリーで大安売りしていました。10本以上入って30円でした。もちろん、昭和臭のする相当古いものでしたけど。80cm以上の獲物と延べ竿で格闘するには鯉鈎、伊勢尼系では曲げられてしまうのかもしれません。

鯉釣り動画を見ると釣りに行きたくなるので、週末の朝方に動画を見てしまえば、体が勝手に釣り場に向かうようになるかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

No title

以前youtubeの「てんてい教えて!」シリーズで
釣り番組はプロレスだとおっしゃられていました。
八百長という意味?
もしかして釣れた魚をもう一度釣り針につけて
海に戻して撮影しているということなのでしょうか??

なので釣り番組には出演しないと思っていました。


肝心の鯉釣りですがこちらも釣果はぜんぜんだめで、
食パンも水鳥の餌と化しています。

特に鯉には間合いを取られるようになりました。
ポイントに近づくとなぜか鯉が沖へ移動するのですが、
その距離がちょうど竿がぎりぎり届かないぐらいのところなのです。
おかげで腕を伸ばして釣るのですが大変苦しいです。

リールで飛ばし浮子を使おうか思案中です。

No title

てんていの釣り番組はプロレス発言。
なるほど~・・・そういう意味なのかもしれませんね。
当時は意味がわからなかったです。ヤマトガワさんのコメントをみてハッとしました。多分そうだと思います^^!

>特に鯉には間合いを取られるようになりました。
ポイントに近づくとなぜか鯉が沖へ移動するのですが、
その距離がちょうど竿がぎりぎり届かないぐらいのところなのです。
おかげで腕を伸ばして釣るのですが大変苦しいです。

わかります!
スレまくった鯉たちは、かなり間合いを取るのが上手です。
1度しか釣りをしていないポイントなのですが、そこには鯉の魚影がいくつもありました。そこは他の誰かが昔釣りまくっていたのでしょう…糸や竿すべてを警戒しており、竿を伸ばしてもだめ。

彼らは賢いですよね…。リールで遠距離から狙う作戦良さそうですね!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1175位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
184位
サブジャンルランキングを見る>>

プロフィール

イヨッシー

Author:イヨッシー
平成26年から鯉釣りを始めました。パン粉小麦粉を中心とした激安餌、中古激安仕掛けでの鯉釣り。最近はこぼり製の餌に夢中!マルキュー越えを目指す!